ED治療薬のバイアグラの使い方とは?

ED治療薬のバイアグラの使い方とは?

ED治療薬として有名なバイアグラですが、服用しても効果がでてきないと感じている人もいます。このような人に中には、飲み方が間違っていることが原因になっている場合が少なくありません。

正しい方法で服用しなければ、配合されている有効成分をしかり吸収することができず効果を十分に発揮することが難しくなります。バイアグラの効果をしっかりと発揮させるためには、服用するタイミングが大変重要です。

薬の中には、食後に服用すること指定している場合があります。バイアグラの場合は、食前の空腹時に服用することが正しい飲み方になります。食事をした後は胃の中に様々なものがあるため、含まれている有効成分を十分に吸収することができません。

食べ物に含まれている油成分が胃などに付着しているため、配合されている有効成分がしっかりと吸収されることなく体外へと排出されてしまいます。効果が実感できないと感じている人の多くは、食前ではなく食後に服用している場合が少なくありません。

食前に服用すれば、胃や腸に食べ物などがないため有効成分を吸収しやすくなります。十分な効果を発揮させるためには、食前に飲むことが大切です。どうしても食後に服用する場合は、2時間程経過してから服用するようにしましょう。

食事から2時間以上経てば、胃の中から食べ物などがなくなり空腹時と同じような状態になるためです。しかし、食べ物の中に油分が多い場合は注意が必要です。食べ物に含まれている油分が多い場合、2時間程経過しても胃などに油膜が残っていることが多くなります。

そのため、有効成分をしっかりと吸収することができないため、効果を十分に発揮させることができません。油分が多い食事をしたら、6時間程度時間を空けてから服用するのが正しい飲み方の一つです。正しい飲み方には、食前以外にも服用するタイミングも重要になってきます。

食前に服用することが正しい方法ですが、性行為までの時間が空き過ぎたり短すぎる場合も十分な効果を発揮することができません。バイアグラの効き目がピークになるのは、服用してから約1時間程経過してからです。

1時間を過ぎると次第に効き目が落ちていき、約3時間程経過すると効果が半分程度になります。そのため、性行為の1時間前に服用することが正しい飲み方です。服用する時の量にも注意が必要になります。

効果を高くしたいため過剰摂取すると、思わぬ事故が起きてしまうことがあるので注意が必要です。1日の摂取量は1錠で、過剰摂取しても効果を高めることはできません。バイアグラを利用する時は、決められた方法で服用することが大切です。