間違ったED治療薬の使い方とは何 ?

間違ったED治療薬の使い方とは何 ?

ED治療薬は勃起力を高めるために使用する薬ですが、飲み方を間違えると肝心な時に薬の効果が出亡くなってしまうことがあります。そういった失敗を回避するためには、薬ごとの特徴をよく知っておき、正しい飲み方をするようにしましょう。

まずED治療薬は食事の影響を受けやすいという物が多く、薬の種類にもよりますが、基本的には空腹時に服用すると効果が最もしっかりと出るようになっています。食事による影響を受けやすいものは特に気をつけて食前に服用をするようにしましょう。

また食事の影響を受けやすい薬はアルコールの影響も受けやすく、アルコールと同時摂取すると効果が半減してしまうことがあるので、アルコールの控えるようにしましょうが良いでしょう。

食事の影響を受けにくいとされている薬でも空腹時に服用したほうが確実に効果が出ることがわかっています。また脂肪分の多い食事をした後には薬の効果が弱くなるために、食事内容にも気をつけましょう。

食事以外に注意をしておくことは、服用してから効果が出るまでの時間で、薬によって即効性があるものと持続性があるものに分かれます。それぞれに効き目が出るまでの時間に差があるため、最も効果が強くあらわれて欲しい時間から逆算をして内服時間を決める必要があります。

効果が早く出るタイプのものは空腹時であれば15分後から作用が出はじめますが持続時間が5時間ほどなので早く飲み過ぎると、行為の最中で効き目が切れてしまうという失敗につながってしまいます。

また効果が長く続くタイプのものは、効き目があらわれるまでに一定の時間を必要とするために、ED治療薬が必要になる可能性がある時には数時間前にあらかじめ服用しておく必要があります。

そういった種類の薬は行為の直前に服用をしても、作用が出るまでに3時間ほどかかることもあるので、行為に間に合わなくなってしまいます。事前にスケジュールを確認して早めに服用をしておくようにすれば安心です。

持続時間が長い薬とはいっても、常に同じ効果が持続するわけではなく、最も作用が強くあらわれる時間は決まっているので、効果的に薬を使いたい時には最も効果が出る時間が行為の最中になるように計算をして使うようにします。

際に派決められた量を守って飲むことも重要で、自己判断で薬を半量ずつ飲むようなことは避けなくてはいけません。用量をしっかりと守ることで、十分な効果が出るように作られているからです。